外国人のビザ・帰化申請

ビザ手続きの必要なお客様へ

入国管理局でのビザ申請は非常に面倒な手続きです。

申請に必要な書類は、申請内容によってひとりひとり異なり、申請書類の書き方や、添付書類の入手方法など、一般の方にはなじみのなく分かりづらいからです。また、入局管理局へは、最低2回足を運ばなければならず、お仕事をされている方は、わざわざ平日に会社を休んで行かなければならないという大変さもあります。

  

  • 申請書類の書き方がわからない・・・
  • どのような書類を添付すればよいのかわからない・・・
  • なかなか入局管理局へ行く時間がない・・・
  • 初めてで何から準備したらいいかわからない・・・

 

できればこのような面倒は避けたいものです。

 

そして、せっかく苦労して作り上げた書類も不備があれば受理してもらえません。

きちんと書類を揃えて、再度入管に提出する必要があります。

 

また、無事に受理されても、ビザが許可される保証はありません。

不許可になった場合は、再申請してビザが許可されるのを待たなければなりません。

 

ご自分でひとつひとつ調べるのでは時間がかかります。

また、ビザ申請については、他の許認可と異なり、書類がきちんと揃っていれば許可がでるというものでもありません。悩んだ場合は、専門家に任せるのが一番安心です。

 

当事務所では、国際業務専門事務所での実務経験も豊富な申請取次行政書士が、書類の収集から・申請書類の作成・申請手続き・入管とのやりとり・許可後の手続きなど、お客様に代わってすべて行います。

 

以下のような各種ビザ手続きにつきましては、当事務所へお気軽にご相談ください。

 

☑ 海外にいる外国人を雇用したい⇒就労ビザ

 

☑ 日本の国籍を取得したい。⇒帰化申請

 

☑ ずっと日本で暮らしたい。⇒永住許可申請

 

☑ 国際結婚をして配偶者を日本に呼び寄せたい⇒配偶者ビザ

 

☑ 日本の大学を卒業後、日本の会社で働きたい。⇒ビザの変更

 

☑ 日本人の夫と離婚した後も、日本で暮らしたい。⇒ビザの変更

 

☑ 日本で生まれた子どものビザを取得したい⇒ビザの取得

 

☑ 自分でビザの申請をしたら、不許可になってしまった⇒再申請

 

 本国にいる親族等を観光などの目的で短い期間日本へ呼び寄せたい⇒短期滞在ビザ

 

☑ 複雑な手続きはすべてやって欲しい

 

☑ 入管に行く時間がないので、代行して欲しい 

 

その他の業務

各種書類の翻訳

 

・結婚証明書

・出生証明書

・国籍証明書

・戸籍謄本 etc.

 

渉外戸籍業務(結婚・離婚・認知・養子縁組)

 

お問合せ

TEL 0475-47-3706

【平日9:00~17:00】

 

E-mail office_uru@ybb.ne.jp

【24時間受付】